Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PayPalを装い期限付きでサインオン迫るフィッシング攻撃

PayPalのログイン情報を詐取しようとするフィッシングメールが発生しているとして、フィッシング対策協議会では注意を喚起している。

今回確認されたのは、件名が「Important message: You need to sign on with the next three days」とされるメール。本文は、不自然な日本語で記載されており、3日間以内にサインオンするよう求め、リンクをクリックさせようとするという。

リンク先は、PayPalに似せたフィッシングサイトで、ログインに必要なメールアドレスやパスワードなどを詐取されるとして、同協議会では注意を求めている。

(Security NEXT - 2013/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に
「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃 - 「72時間以内にアカウント停止」と不安煽る
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
福岡市の関連サイトに不正アクセス - 迷惑メール送信の踏み台に
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る