Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、セキュリティ月間のキックオフシンポジウムを開催

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、2013年2月1日に都内でシンポジウム「大切な情報をどう守るか — 情報セキュリティ最前線」を開催する。

同イベントは、企業や団体の役員、セキュリティ担当者、システム責任者向けのシンポジウム。「情報セキュリティ月間」のキックオフイベントとして開催するもので、情報通信技術の動向やセキュリティ対策をテーマに、専門家による講演やパネルディスカッションを予定している。

基調講演には、政府CIOを務める遠藤紘一氏が登壇。また現状概説として、JPCERTコーディネーションセンターの早貸淳子氏とラックの西本逸郎氏が、企業のサイバー攻撃対策やスマートフォンのセキュリティ対策について紹介する。

さらにパネルディスカッションでは、現状概説を務めた両氏やインターネットイニシアティブの齋藤衛氏、情報処理推進機構(IPA)の加賀谷伸一郎氏、NISCの三角育生氏が参加。東京工科大教授の手塚悟氏によるコーディネートのもと、議論を繰り広げる。

参加費は無料。定員は500名で事前登録が必要。メールにて先着順で参加を受け付けている。

(Security NEXT - 2012/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を