Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、セキュリティ月間のキックオフシンポジウムを開催

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、2013年2月1日に都内でシンポジウム「大切な情報をどう守るか — 情報セキュリティ最前線」を開催する。

同イベントは、企業や団体の役員、セキュリティ担当者、システム責任者向けのシンポジウム。「情報セキュリティ月間」のキックオフイベントとして開催するもので、情報通信技術の動向やセキュリティ対策をテーマに、専門家による講演やパネルディスカッションを予定している。

基調講演には、政府CIOを務める遠藤紘一氏が登壇。また現状概説として、JPCERTコーディネーションセンターの早貸淳子氏とラックの西本逸郎氏が、企業のサイバー攻撃対策やスマートフォンのセキュリティ対策について紹介する。

さらにパネルディスカッションでは、現状概説を務めた両氏やインターネットイニシアティブの齋藤衛氏、情報処理推進機構(IPA)の加賀谷伸一郎氏、NISCの三角育生氏が参加。東京工科大教授の手塚悟氏によるコーディネートのもと、議論を繰り広げる。

参加費は無料。定員は500名で事前登録が必要。メールにて先着順で参加を受け付けている。

(Security NEXT - 2012/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー