Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラの大規模IT障害に備え、官民が合同演習

政府は、大規模なIT障害を想定した演習を官民合同で12月10日に実施する。演習結果を検証し、実際に障害が発生した際の被害最小化や早期復旧などに役立てる。

今回実施するのは、障害発生時に官民や分野を越えて情報を共有、連携することを目的に実施する合同演習。2006年度より実施しており今回で7回目を迎えた。

民間からは、情報通信、金融、航空、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流の10分野の14セプターから約140人が参加。政府からはNISCのほか、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、金融庁など重要インフラを所管する省庁が参加を予定している。

今回は、首都圏や周辺地域における大規模な停電、通信障害をはじめとする複合障害を想定。復旧終了後に、障害へ便乗した情報セキュリティ問題が多数発覚する事態を含めて演習を展開する。

復旧やセキュリティインシデントへの技術的な対応、事業継続計画の発動や解除方法、関係者間の連絡や情報共有、マスコミや顧客への情報発信などを演習を通じて検証する。

(Security NEXT - 2012/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施