Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、「Squid」とフィルタリングやログ解析を組み合わせたプロクシソリューション

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、プロクシソリューション「InterSafe Cache」を発売した。

同製品は、オープンソースのプロクシサーバ「Squid」に、同社のウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」と、アクセスログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」をバンドルしたパッケージ。Squidのサポートも提供する。

同ソリューションにょり、ウェブアクセスを効率化にくわえ、フィルタリングソフトにより不正サイトへのアクセスやウェブの私的利用、情報漏洩を防ぐことができる。

またログ分析ソフトで、組織内のウェブアクセス状況を把握することが可能。他社のウイルス対策製品とICAPによる連携にも対応する。

価格は、1台目が初年度52万5000円。次年度以降13万1250円。2台目は初年度26万2500円。次年度以降6万5625円。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
A10、セキュリティとアプリネットワーク機能を装備した「Thunder CFW」
DBD攻撃防ぐMenlo Security、国内展開を強化
A10、複数のセキュリティ機能を集約した「Thunder CFW」を発表
ALSI、VPNを活用したiOS向けセキュリティサービス
サイトの安全性を確認する「FFR tabaru」の最新版 - C&Cサーバとの通信を検知可能に
バラクーダ、WAFの最新版をリリース - スロークライアントアタックに対応
JBAT、ウェブアクセス制御を実現する「DS Web Access」を発売
FFRI、ハニーポットでウェブ経由の感染を検知する標的型攻撃対策製品
ウォッチガード、中小企業向けセキュリティアプライアンスを発売