Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、「認定個人情報保護団体」認定指針の改正案で意見募集 - 個人情報漏洩の形態変化に対応

経済産業省は、「認定個人情報保護団体の認定の申請等の手続についての指針」について改正案を公開し、パブリックコメントを実施している。

「認定個人情報保護団体制度」は、事業者の苦情処理に関する取り組みを補完するしくみ。認定を受けた団体が、個人情報の取り扱いに関する苦情の処理やガイドラインの作成、対象事業者への情報提供といった業務を行う。

今回の見直しは、IT技術の進歩やサイバー攻撃など、個人情報が漏洩する形態に変化が生じ、個人情報保護法成立時に想定していなかった問題も顕在化しており、認定個人情報保護団体の能力向上などを求められていることから改正案を決定したもの。

改正案に対する意見は、郵送、ファックス、メールで受け付けている。締め切りは、10月15日18時必着。

(Security NEXT - 2012/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
EUの十分性認定に向けた個人データ取扱ガイドライン案 - パブコメ実施
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱