Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、「認定個人情報保護団体」認定指針の改正案で意見募集 - 個人情報漏洩の形態変化に対応

経済産業省は、「認定個人情報保護団体の認定の申請等の手続についての指針」について改正案を公開し、パブリックコメントを実施している。

「認定個人情報保護団体制度」は、事業者の苦情処理に関する取り組みを補完するしくみ。認定を受けた団体が、個人情報の取り扱いに関する苦情の処理やガイドラインの作成、対象事業者への情報提供といった業務を行う。

今回の見直しは、IT技術の進歩やサイバー攻撃など、個人情報が漏洩する形態に変化が生じ、個人情報保護法成立時に想定していなかった問題も顕在化しており、認定個人情報保護団体の能力向上などを求められていることから改正案を決定したもの。

改正案に対する意見は、郵送、ファックス、メールで受け付けている。締め切りは、10月15日18時必着。

(Security NEXT - 2012/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備