Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAがセキュリティ被害のアンケート調査を実施中

情報処理推進機構(IPA)は、国内企業を対象に「2011年度情報セキュリティ事象被害状況調査」を目的としたアンケート調査を実施している。

同調査は、情報セキュリティに関連した被害状況を調べるためアンケート調査。調査票を郵送しており、受け取った場合は、調査へ協力してほしいと呼びかけている。

回答の締め切りは9月16日で、郵送やメールにて受け付けている。電子版の調査票はウェブサイトよりダウンロードすることが可能。回答内容は、統計としてまとめられるため、個別の企業名や個人名は公表されることはないとしている。

(Security NEXT - 2012/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も