Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAがセキュリティ被害のアンケート調査を実施中

情報処理推進機構(IPA)は、国内企業を対象に「2011年度情報セキュリティ事象被害状況調査」を目的としたアンケート調査を実施している。

同調査は、情報セキュリティに関連した被害状況を調べるためアンケート調査。調査票を郵送しており、受け取った場合は、調査へ協力してほしいと呼びかけている。

回答の締め切りは9月16日で、郵送やメールにて受け付けている。電子版の調査票はウェブサイトよりダウンロードすることが可能。回答内容は、統計としてまとめられるため、個別の企業名や個人名は公表されることはないとしている。

(Security NEXT - 2012/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%