Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPNで利用される認証プロトコル「MS-CHAPv2」に深刻な脆弱性

日本マイクロソフトは、認証プロトコル「MS-CHAPv2」に情報漏洩の脆弱性が存在し、「詳細な悪用コード」も公開されているとしてセキュリティアドバイザリを公開した。

「MS-CHAPv2」は、PPTPによるVPN接続で広く利用されている認証プロトコル。中間者攻撃やワイヤレストラフィックの妨害により、「MS-CHAPv2ハンドシェイク」を阻害することで脆弱性を悪用でき、不正にIDやパスワードが取得され、ネットワークへ接続されるおそれがある。

「MS-CHAPv2」を単独で利用した場合に脆弱性が存在しており、「拡張プロトコル(PEAP)」を利用することで脆弱性を回避することが可能。また「L2TP」「SSTP」「IKEv2」といった他プロトコルを利用している場合は影響を受けない。

今回の脆弱性は、7月に開催されたハッキングイベント「DEFCON」において、Twitterが買収したモバイルセキュリティ企業Whisper Systemsの副設立者としても知られるMoxie Marlinspike氏ら3人のセキュリティ研究者が「MS-CHAPv2」を利用したPPTPによるVPN接続を解読できるとの研究結果を発表。その後、実証ツールがリリースされている。

日本マイクロソフトでは、今回の脆弱性が悪用されたり、実際に被害を受けた事例は確認していないが、「PEAP」を利用したトンネルの保護や他VPNプロトコルの利用など、対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供