Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPNで利用される認証プロトコル「MS-CHAPv2」に深刻な脆弱性

日本マイクロソフトは、認証プロトコル「MS-CHAPv2」に情報漏洩の脆弱性が存在し、「詳細な悪用コード」も公開されているとしてセキュリティアドバイザリを公開した。

「MS-CHAPv2」は、PPTPによるVPN接続で広く利用されている認証プロトコル。中間者攻撃やワイヤレストラフィックの妨害により、「MS-CHAPv2ハンドシェイク」を阻害することで脆弱性を悪用でき、不正にIDやパスワードが取得され、ネットワークへ接続されるおそれがある。

「MS-CHAPv2」を単独で利用した場合に脆弱性が存在しており、「拡張プロトコル(PEAP)」を利用することで脆弱性を回避することが可能。また「L2TP」「SSTP」「IKEv2」といった他プロトコルを利用している場合は影響を受けない。

今回の脆弱性は、7月に開催されたハッキングイベント「DEFCON」において、Twitterが買収したモバイルセキュリティ企業Whisper Systemsの副設立者としても知られるMoxie Marlinspike氏ら3人のセキュリティ研究者が「MS-CHAPv2」を利用したPPTPによるVPN接続を解読できるとの研究結果を発表。その後、実証ツールがリリースされている。

日本マイクロソフトでは、今回の脆弱性が悪用されたり、実際に被害を受けた事例は確認していないが、「PEAP」を利用したトンネルの保護や他VPNプロトコルの利用など、対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設