Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、定義ファイルに依存しないマルウェア対策ソフトの新版 - 管理機能を強化

ソリトンシステムズは、同社ソリューション「InfoTrace PLUSシリーズ」向けに、マルウェア対策ソフトウェアの最新版「Zerona V3.2.5」の提供を開始した。管理機能を強化している。

同製品は、従来の定義ファイルによる検知ではなく、新種マルウェアにも対応する4種類のエンジンを搭載したマルウェア対策ソフト。攻撃活動していない状態のマルウェア侵入や脆弱性を悪用していないマルウェアについても検知できる。

最新版では、「Zeronaエージェント」の管理機能を強化。管理サーバから「Zeronaエージェント」に対してバージョンアップや各種設定のプッシュ配信が可能で、スケジューリングの設定にも対応。ライセンス期限の事前通知やライセンス期限が近い端末の検索機能を追加している。

また詳細調査や検体確保のため、クライアントでマルウェアとして検知したファイルの駆除や取得が行える。さらに「Windows 7」の64bit環境や「VMware View」「Citrix XenDesktop」など仮想デスクトップ環境をあらたにサポートした。

10ライセンスから導入でき、ライセンス価格は、コード実行型攻撃の防御に特化した「Zerona Z1」が5000円/年。3種類の検知エンジンを追加した「Zerona Z4」1万円/年。ボリュームディスカウントも用意している。

(Security NEXT - 2012/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
エフセキュア、Mac向け振る舞い検知技術「Little Flocker」を獲得
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応
英Sophos、米Invinceaを買収 - 機械学習による脅威検知技術を取得