Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術、既知のJava脆弱性について注意喚起 - 攻撃コード出回り攻撃容易

NTTデータ先端技術は、「Oracle Java SE JDK」「同JRE」に存在する既知の脆弱性「CVE-2012-1723」について注意を呼びかけている。

同脆弱性は、「同7 Update 4」「同6 Update 32」「同5 Update 35」「同1.4.2_37」に含まれており、これらより以前のバージョンも含まれる。Oracleでは6月に公開したアップデートで他脆弱性とともに修正した。

コード検証が不十分のためサンドボックスを回避され、リモートでコードを実行される不具合で、すでに脆弱性を狙ったウェブサイトの改ざん攻撃が発生。エクスプロイトキットにも転用されている。

攻撃手法としては、ウェブサイトへ誘導し、細工したJavaアプレットを読み込ませる方法のほか、メールの添付ファイルとしてJavaアプリケーションを送り付けるといった攻撃も想定されている。

同脆弱性について検証した同社は、攻撃するためのコードを容易に入手でき、さらに脆弱性に対する攻撃が容易であると指摘。攻撃を受けた際の影響も大きいとしてアップデートを推奨している。

(Security NEXT - 2012/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ