Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

61店舗で印鑑票1396件の紛失が判明 - 沖縄銀

沖縄銀行は、61店舗において、顧客情報が記載された印鑑票が所在不明になっていることを明らかにした。

一部店舗で印鑑票の紛失が判明したのを受け、全店を対象に157万5966件の保管状況を調査したところ、61店舗で1396件の紛失が明らかになったという。これら印鑑票には、顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、印影、勤務先名称などが記載されていた。

同行では、内部で誤って廃棄した可能性が高いとして、外部流出のおそれは低いと説明。対象となる顧客に対し、経緯説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

休眠口座の印鑑票を紛失、誤廃棄の可能性 - 山形銀
休眠口座の一部印鑑票が所在不明 - かながわ信金
134店舗で印鑑票の紛失が判明 - 群馬銀
顧客情報含む書類3800件の紛失が判明 - 岐阜商工信組
休眠口座の印鑑票など紛失 - 伊達信金
71店舗で印鑑票や依頼票など顧客情報含む書類の紛失が判明 - 城南信金
147店舗で顧客情報7317件の紛失が判明 - 山陰合同銀
旧岐阜銀行休眠口座の印鑑票1万9000件が所在不明 - 十六銀行
29店舗で印影など含む印鑑票7602件の紛失が判明 - 神奈川銀
約1万2000件の顧客情報を紛失、誤廃棄の可能性 - とびうめ信組