Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部から個人情報流出の指摘、流出経路を調査 - 総合メディカル

医業機関の経営コンサルティングや調剤薬局など展開する総合メディカルは、外部から個人情報漏洩の指摘があり、同社が作成した資料と同一内容だったことから漏洩経路などを調べている。

同社によれば、5月8日に同社が作成した書類や個人情報をごみ袋から発見、手元に所有しているとの電話があり、2日後に資料の一部としてファックスが届いたという。

受信ファックスの一部が、同社従業員が営業活動の際に持ち歩いていた数年前の資料と一致。氏名や専門、職場など顧客である医師24人分の個人情報が記載されていた。流出経路はわかっていない。

同社では関係者への聞き取りなど流出経路の特定を急ぐとともに、関連する医師に対して事情を説明し、謝罪した。特別な要求などはなく事件性はないとしているが、警察へ相談している。

(Security NEXT - 2012/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
アマチュア囲碁大会、案内メール500件を誤送信 - 日本棋院
外国人向け台風警戒メールで誤送信 - 湖南市
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府