Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺関連の「HTML/Phishing.gen」が国内1位 - ESET月間レポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが2月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況について発表した。

ESETがまとめた日本国内におけるマルウェアランキングでは、フィッシング詐欺を行う「HTML/Phishing.gen」が全体の6.18%を占めてトップだった。

また不正サイトへ誘導するスクリプトやウェブページを検知した2位の「HTML/ScrInject.B.Gen」や、悪意のあるJavaScriptコードを検知した3位の「JS/Kryptik.IK[」をはじめ、4位、6位、8位にドライブバイダウンロード攻撃関連の脅威が入っている。

またオートラン機能を悪用してリムーバブルメディア経由で拡散するマルウェアを検知した「INF/Autorun.Sz[」「INF/Autorun」がそれぞれ5位、7位にランクインしている。

一方ワールドワイドでは、マルウェアをダウロードさせるサイトへリダイレクトするスクリプトや「iframeタグ」を含むHTMLファイルを検出した「HTML/ScrInject.B」が、全体の3.93%を占めて前回と同じく首位。

ユーザーにアンケートへの参加を要求するウィンドウを表示して、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を詐取しようとする「HTML/Fraud.BG」が5位に新規ランクインするなどの動きがあった。

同社が発表した国内のマルウェアトップ10は以下のとおり。

1位:HTML/Phishing.gen
2位:HTML/ScrInject.B.Gen
3位:JS/Kryptik.IK
4位:HTML/Iframe.BG
5位:INF/Autorun.Sz
6位:HTML/Iframe.B.Gen
7位:NF/Autorun
8位:JS/Kryptik.IB
9位:Win32/PSW.OnLineGames.NMY
10位:Win32/Toolbar.Babylon

(Security NEXT - 2012/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱