Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広島県内と山口県内の公共図書館システムにセキュリティの不備 - Notaが指摘

図書館蔵書検索サイト「カーリル」を運営するNotaは、複数の公立図書館システムにおいてセキュリティ上の不備があったことを明らかにした。

同社によれば、中国地方における2カ所の図書館システムで、認証することなくFTPにより内部データへのアクセスが可能な状況だったもので、自治体や開発元に問題を通知したという。

広島県内の図書館システムでは、システムの実行ファイルやデータベースのダンプデータ、内部パスワードなどを確認できる状態だった。

一方山口県内の図書館では、利用者番号や電話番号を含む2005年10月以降の予約データにアクセスできる状態だった。データの詳細について解析は行っておらず、個人情報漏洩については不明としている。

また同社によれば、Windowsのファイル共有ポートが開放されている図書館システムも多数あると指摘。関係者へへ注意喚起を行っているという。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も
コレガ製ルータ「CG-WGR1200」に3件の脆弱性 - 修正予定はなし
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
埼玉県、准看護師試験の解答を開始前に誤って公開 - 試験結果に影響なし
「Pulse Secure Linux GUI」に脆弱性 - アップデートがリリース
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も