Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むPCが薬品とともに盗難被害 - 札幌市の診療所

北海道札幌市の往診専門診療所ごう在宅クリニックは、患者情報608件が記録されたパソコンなどが所在不明になっていることを明らかにした。盗難の可能性が高いとして、警察に届け出たという。

4月2日朝、医療用麻薬が入った耐火金庫や現金の入った手提げ金庫などとともに、机上に置いてあったノートPC2台がなくなっていたもの。盗難と判断し、警察へ被害届を提出した。

被害に遭ったPC2台には、患者608人の個人情報が記録されていた。氏名、住所、電話番号、生年月日、病名のほか、医療保険や介護保険に関する情報が含まれる。

同クリニックでは対象となる患者に直接謝罪するとともに、院内のセキュリティを強化するとしている。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大