Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAとNIST、暗号モジュール試験と認証制度の共同認証で合意 - 「JCMVP」で「CMVP」の取得が可能に

情報処理推進機構(IPA)と米国立標準技術研究所(NIST)は、両者が運営する暗号モジュール試験および認証制度について、共同認証を行うことで基本合意した。IPAでは、2012年度上期中に、共同認証の運用を開始する予定。

今回の合意により、暗号鍵、ID、パスワードなどの試験と認証制度として米NISTと加CSECが運営している「CMVP (Cryptographic Module Validation Program) 」と、IPAが国内で展開する「暗号モジュール試験及び認証制度(JCMVP)」の共通部分で共同認証を適用することが可能となる。

共同認証が可能になることで、「JCMVP」に認証申請するだけで「CMVP認証」を取得することができ、米国内での調達や市場における訴求効果を期待できる。

一方、CMVPで認証された暗号モジュールは、JCMVPの認証製品リストに掲載されることとなり、米国内で認証を得た暗号モジュールの国内調達がより容易になる。

(Security NEXT - 2012/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
EUの十分性認定に向けた個人データ取扱ガイドライン案 - パブコメ実施
自動運転車のハッキング事故、盗難車事故と同じ - ただし「アップデート」の注意義務
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
CSAJ、データ適正消去実行証明協議会を設立 - データ消去の基準を策定
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表