Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAとNIST、暗号モジュール試験と認証制度の共同認証で合意 - 「JCMVP」で「CMVP」の取得が可能に

情報処理推進機構(IPA)と米国立標準技術研究所(NIST)は、両者が運営する暗号モジュール試験および認証制度について、共同認証を行うことで基本合意した。IPAでは、2012年度上期中に、共同認証の運用を開始する予定。

今回の合意により、暗号鍵、ID、パスワードなどの試験と認証制度として米NISTと加CSECが運営している「CMVP (Cryptographic Module Validation Program) 」と、IPAが国内で展開する「暗号モジュール試験及び認証制度(JCMVP)」の共通部分で共同認証を適用することが可能となる。

共同認証が可能になることで、「JCMVP」に認証申請するだけで「CMVP認証」を取得することができ、米国内での調達や市場における訴求効果を期待できる。

一方、CMVPで認証された暗号モジュールは、JCMVPの認証製品リストに掲載されることとなり、米国内で認証を得た暗号モジュールの国内調達がより容易になる。

(Security NEXT - 2012/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
IPA、バグハンター向けに勉強会 - 発見や届け出のポイントなどを解説
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳