Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃が急増、3万件台に迫る勢い - 国内ホスト数は3分の1以下に

EMCジャパンRSA事業本部は、2012年1月に観測したフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。年明け後、攻撃数が大幅に増加している。

2012年1月に同社が観測したフィッシング攻撃は前月から42%増加して2万9974件。2011年9月の3万8970件には及ばないものの、調査開始以来、2番目に多い月となった。

フィッシング攻撃を受けたブランドは、前月から25件増加して281件。約半数となる138件は6回以上攻撃を受けている。ブランドの割合は、米国が33%で最多で、11%のイギリスが続いた。

攻撃を受けた国を見ると、イギリスが60%で半数を超えており、25%だった米国の2倍以上にのぼる。3位以下はひと桁台で上位2国に攻撃が集中している。

一方フィッシングサイトのホスト国の割合を見ると、前月から30ポイント増となった米国が82%で突出している。イギリス、ドイツが2%で続く。

前月は、日本国内で466件のフィッシングサイトが観測され、ホスト国の5位に入ったが、1月は1%未満となり圏外となった。しかしながら依然として141件が確認されており、ふた桁台だった2011年11月以前より高い水準で推移している。

(Security NEXT - 2012/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類