Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アジア地域のクレジットカード情報相場は米国の2倍以上 - トレンド調査

トレンドマイクロは、闇市場で取引されている個人情報の相場について調査を取りまとめた。FacebookやTwitterアカウントも安価で売買されている。

クレジットカードは、他地域と比較して米国がもっとも安く取引されており、相場は1ドルから3ドル。一方、もっとも高額だったのがアジアや中東地域で、6ドルから10ドルと米国の倍以上の値を付けていたという。

暗証番号をセットで取引される銀行口座は、現金化がクレジットカードより容易であることから、25ドルから35ドルと高値で取引されている。ただし、2010年は20ドルから70ドルで取引されており、価格が落ち込んでいる。

SNSのアカウント情報も取引の対象となっている。同社によれば、2200件のTwitterアカウントが75ドルで販売されており、Facebookも1000アカウントあたり15ドル程度だった。

またYahoo!メールやHotmailなどは、1000件あたり8ドルとさらに安い。ただし、Gmailについては2500件あたり85ドルと高額。同社ではモバイル端末や「Google+」との関連性が高いことが高騰に繋がっていると分析している。

(Security NEXT - 2012/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
2016年上半期の不正送金、件数増となるも被害額は大幅減
内部不正経験者の42%は「故意」 - 多忙や組織への不満が不正を誘発
ネットバンク不正送金被害、過去最悪 - 223金融機関で発生
ネットバンク不正送金被害は約29億円 - 被害額が前年から倍増
闇市場が盛況、ネットサービスの盗難アカウントは1ドル
プライバシー保護への懸念強いが対策意識は低い日本 - EMC調査
2013年のネットバンク不正送金被害は約14億円、過去最悪 - 6月以降急増
「SpyEye亜種」を国内外で観測、今後の活動に注意 - トレンド月間レポート
マルウェア配布サイトは12月から半減、イベント便乗スパムは活発 - メッセージラボまとめ