Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファンクラブ会員情報含むシールを誤送信 - 西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズの委託先において、ファンクラブ会員の個人情報が記載されたシールの誤送付が発生した。

誤送付および紛失したのは、ファンクラブ会員に送付物を発送する際に使用する宛名シールの控え。会員の氏名、種別、識別番号、送付物の名称などが記載されている。送付物に27人分の控えシールを誤って同封して、会員に送付していたもので、2月8日に受け取った会員より指摘を受けて誤送付に気が付いた。

その後の調査で、発送業務を委託しているアドレス通商において、1497人分の控えシールについても所在がわからなくなっていることが判明。文書による謝罪を行うなど対応を進めていたが、その後同社内で発見。再度関係者に事情を説明する文書を送付したという。

埼玉西武ライオンズでは、一時紛失した個人情報について流出のおそれはなくなったものの、一時的に紛失していたことについて委託先に問題があったと説明。個人情報の取り扱いについて管理徹底し、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2012/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
催告書を誤発送、宛名データ作成ミスで - 豊島区
元応援団部員の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 立命館大
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス
郵送アンケートで宛名シール二重貼り、他人の個人情報が透ける状態に - 倉敷市
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA