Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報入りスマートフォンを紛失 - 細田工務店

細田工務店は、従業員が2011年末に顧客情報を登録したスマートフォンを紛失したことを明らかにした。

同社によれば、12月20日に紛失が判明したもので、所在不明のスマートフォンには、顧客の氏名や電話番号など8件の個人情報が含まれていたという。

紛失したスマートフォンは、起動時にパスワードが必要で、複数回入力を誤ると初期化されるよう設定されており、紛失判明後には、遠隔操作で電源投入時のデータ初期化を実施。また通信会社へ機能停止などを依頼した。

同社では関連する顧客に対して事情を説明し、謝罪を行っているが、不正利用の報告は寄せられていないという。

(Security NEXT - 2012/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説