Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、定例外で「ASP.NET」の脆弱性を解消するパッチを30日に緊急リリース

日本マイクロソフトは、12月30日に定例外でセキュリティ更新プログラムをリリースすると発表した。深刻度は「緊急」。

今回提供するセキュリティ更新プログラムは、「.NET Framework」の脆弱性を解消するプログラム。サポート中のすべてのバージョンが対象で、「特権の昇格」が発生する問題を修正する。

「ASP.NET」においてハッシュテーブルの処理に脆弱性が存在し、サービス拒否が発生する可能性があることが公表されており、米Microsoftでは12月28日にセキュリティアドバイザリを発表。セキュリティ更新プログラムを開発中であることを明らかにしていた。

12月29日の時点で脆弱性の悪用は確認されていないが、同社は、同プログラムに関してテストを実施した上で、早急に適用することを推奨している。

(Security NEXT - 2011/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性