Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「真・女神転生IMAGINE」のフィッシングに注意 - 他社流出事故に便乗

オンラインゲーム「真・女神転生IMAGINE」を装ったフィッシング攻撃が発生した。同サービスを運営するケイブや、フィッシング対策協議会では、利用者に注意を呼びかけている。

フィッシング対策協議会が確認したフィッシングメールは、他社で数千万規模のアカウント情報が流出し、その影響で本人確認を実施しているなどと騙す手口。ウェブサイトへ誘導し、ログイン情報を詐取するという。

12月26日13時の時点でフィッシングサイトは稼働しており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、フィッシングメールへ注意を促すとともに、類似したフィッシングサイトを発見した場合は、同協議会まで連絡するよう呼びかけている。

またケイブでは、公式サイトからサービスを利用し、こまめにパスワードを変更するよう注意を喚起。またログインできるIPアドレスを制限する認証システム「セーフガード」の利用を推奨している。

(Security NEXT - 2011/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を