Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月のフィッシング攻撃、4万件に迫る勢いで過去最高件数 - 前月比約1.5倍に

EMCジャパンRSA事業本部は、同社が9月に検知したフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。9月に入って急増しており、4万件に迫る勢いだという。

111026rs_01.jpg
フィッシング攻撃の検知数推移(グラフ:EMCジャパン)

同社が9月に検知したフィッシング攻撃は3万8970件。2011年前半は1万件台で推移していたものの、5月に入って2万件台へ増加。8月には2万6907件で過去最多となったが、さらに9月に入って急増し、記録を更新した。

攻撃数の増加とは逆に、攻撃対象となったブランド数は前月の351件から300件へと減少した。大手金融機関など特定の組織の顧客を狙った攻撃に集中している。51%は6回以上の攻撃を受けていた。

攻撃を受けた回数を国別に見ると、米国が59%で突出しており、イギリスが20%、カナダが9%で続く。攻撃を受けたブランド数を国別でみると31%が米国。12%でイギリスが続いた。

一方フィッシングサイトのホスト国は、米国が66%と大半を占めており5%だったドイツやイギリスが2位以降に続いている。

(Security NEXT - 2011/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず