Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple創業者Jobs氏の訃報に便乗した攻撃 - 検索エンジンやFacebook上に危険なリンク

Appleの創業者で、MacやiPhoneなどの生みの親で知られるSteve Jobs氏が10月5日に亡くなったことを受け、便乗する詐欺行為がインターネット上で早くも発生している。

F-Secureでは、サーチエンジンの検索結果を悪用した攻撃を確認。「Steve Jobs」「Funeral」といった単語で検索すると、上位にフィッシングサイトが表示される状況だという。

同社が確認した「stevejobsfuneral.com」は、葬儀情報があると見せかけて誘導するサイト。アフィリエイト行為にくわえ、ノートパソコン「MacBook」を抽選でプレゼントするなどとしてメールアドレスを詐取していた。登録日は9月20日で、同氏が死去する以前からサイトが構築されていたと見られている。

またSophosでは、Facebook上で「50台のiPadを無料配布する」などと騙し、アフィリエイトサイトやフィッシングサイトなどへ誘導する行為を確認。同社が確認した時点で1万5000回以上クリックされていた。

セキュリティベンダーでは、Appleの正規サイトを利用したり、情報提供元が明確である「Google News」を利用するなど、不審サイトへの注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発