Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、Android開発者向けに脆弱性対策支援サービスを提供 - マルウェアやチート行為への対策をサポート

ネットエージェントは、Androidにおいてセキュリティに配慮した開発を支援する「Android脆弱性対策支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、開発者向けの脆弱性対策支援サービス。カスタムOS開発者向けには、root権限対策支援およびゼロデイ攻撃対策支援を提供。root権限を奪う不正プログラムへの対策など、事前検査によりサポートするほか、バイナリ解析技術により脆弱性の発見やアドバイスを行う。

またアプリ開発者向けには、データ書き換えでプログラムの改造する行為へ対抗する「チート防止対策支援」を用意。ゲームなどにおけるランキング操作やボット行為といったチート対策の強度検査やアドバイスなどを提供する。

(Security NEXT - 2011/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
ドコモ端末「V20 PRO L-01」にクラッシュする脆弱性