Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、Android開発者向けに脆弱性対策支援サービスを提供 - マルウェアやチート行為への対策をサポート

ネットエージェントは、Androidにおいてセキュリティに配慮した開発を支援する「Android脆弱性対策支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、開発者向けの脆弱性対策支援サービス。カスタムOS開発者向けには、root権限対策支援およびゼロデイ攻撃対策支援を提供。root権限を奪う不正プログラムへの対策など、事前検査によりサポートするほか、バイナリ解析技術により脆弱性の発見やアドバイスを行う。

またアプリ開発者向けには、データ書き換えでプログラムの改造する行為へ対抗する「チート防止対策支援」を用意。ゲームなどにおけるランキング操作やボット行為といったチート対策の強度検査やアドバイスなどを提供する。

(Security NEXT - 2011/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース