Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の書類を電話ボックスに一時置忘れ - UR都市機構

UR都市機構は、職員が44人の個人情報を記載した書類を電話ボックスに置き忘れていたことを公表した。書類は1時間後に回収されている。

一時紛失していた書類は、土地、建物の全部事項証明書のコピーなどで、関係者32人の氏名と住所のほか、11人の名字、1人の氏名と勤務先住所および電話番号などが記載されていた。

8月5日午前中に職員が外出先から業務連絡を行うため公衆電話を利用したが、書類を電話ボックス内に置き忘れたという。約1時間、発見者からの連絡があり書類は回収された。

(Security NEXT - 2011/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社