Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の書類を電話ボックスに一時置忘れ - UR都市機構

UR都市機構は、職員が44人の個人情報を記載した書類を電話ボックスに置き忘れていたことを公表した。書類は1時間後に回収されている。

一時紛失していた書類は、土地、建物の全部事項証明書のコピーなどで、関係者32人の氏名と住所のほか、11人の名字、1人の氏名と勤務先住所および電話番号などが記載されていた。

8月5日午前中に職員が外出先から業務連絡を行うため公衆電話を利用したが、書類を電話ボックス内に置き忘れたという。約1時間、発見者からの連絡があり書類は回収された。

(Security NEXT - 2011/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
個人情報含む病原体の検査成績通知書が所在不明に - 大阪府