Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の書類を電話ボックスに一時置忘れ - UR都市機構

UR都市機構は、職員が44人の個人情報を記載した書類を電話ボックスに置き忘れていたことを公表した。書類は1時間後に回収されている。

一時紛失していた書類は、土地、建物の全部事項証明書のコピーなどで、関係者32人の氏名と住所のほか、11人の名字、1人の氏名と勤務先住所および電話番号などが記載されていた。

8月5日午前中に職員が外出先から業務連絡を行うため公衆電話を利用したが、書類を電話ボックス内に置き忘れたという。約1時間、発見者からの連絡があり書類は回収された。

(Security NEXT - 2011/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県