Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングの手法に変化 - サイト誘導からHTMLメールや直接返信へ

フィッシング対策協議会は、7月に報告を受けたフィッシングの状況について取りまとめた。報告件数とブランド名を悪用された企業数に増加が見られた。

レポートによれば、7月に寄せられたフィッシングメールの報告件数は18件で、大幅な減少を見せた6月から12件増加している。また、フィッシングにブランド名が悪用された企業数も7件増加し、12件となった。

ブランドが悪用されるケースのうち、金融機関を装ったケースが半数以上を占めている。MasterCardを騙るフィッシングメールも出回っており、同協議会では8月に入ってからも攻撃を確認している。

一方、フィッシングサイトのユニークURL件数は6月から半減して3件となった。報告件数が増えたにもかかわらずサイト数が減った理由について、同協議会は攻撃手法の変化を挙げている。

従来のフィッシングサイトに誘導する手法の代わりに、HTML形式のフィッシングメールに入力フォームが含まれるケースや、サービス業者を騙って個人情報をメールで送信させる手法などが増加しているもので、同協議会では不審なメールなどへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多