Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「なりすまし」による「ソニーポイント」の不正利用が発生 - 約28万円分がクーポンへ

ソニーマーケティングは、他人のアカウントを用いた「なりすまし」による不正アクセスがあり、「ソニーポイント」がクーポン券へ不正に交換されたと発表した。

「ソニーポイント」は、ソニー製品のユーザー登録やソニーストアで買い物をした際に貯まる会員向けサービス。6月8日未明、メールアドレスとパスワードを用いた本人以外の第三者による不正アクセスが発生し、買い物クーポン券へ交換されたことが判明したという。

同社では、メールアドレスやパスワードなど顧客情報の漏洩については確認しておらず、「なりすまし」による交換と説明している。

今回の不正アクセスにより不正にポイントが交換されたアカウントは95件で、約28万円相当が被害に遭った。同社ではこれらのクーポンの利用を停止。不正に利用された分は後日返還する方針。

(Security NEXT - 2011/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソニーに不正アクセス、他社アカウント情報用いた「なりすまし攻撃」 - 有効アカウント9万3000件が一致
債権者に必要以上の顧客情報を開示、債権者の口座情報も - ソニー生命
ソニー、国内向けPSNを7月6日に再開 - すべてのサービスが完全復旧
米Sony Picturesのサーバにハッカーグループが侵入、個人情報流出のおそれ
「PlayStation Network」の一部サービスを国内でも再開 - 漏洩した情報の範囲など調査中
PSNに対する不正アクセスは既知の脆弱性に対する攻撃 - ソニー
ソニーのPC向けゲームサービスにも不正アクセス - 約2460万件のアカウント情報流出の可能性
「PlayStation Network」に不正アクセス - 個人情報漏洩の可能性
顧客情報含むPCが盗難被害 - ライフプラザパートナーズ
顧客情報320件含む書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - ソニー損保