Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信で関係者のアドレス151件流出 - 日本M&Aアドバイザー協会

日本M&Aアドバイザー協会は、メール送信時の人為ミスにより、送信先のアドレス151件が流出したことを明らかにした。

同協会事務局が、6月3日にメール「M&Aアドバイザー開業・養成講座のご案内」を関係者へ一斉送信した際、アドレスを誤って宛先に記載して送信。そのため送信先のメールアドレス151件が受信者間で確認できる状態となった。

メール送信後、受信者からの指摘があり判明。対象者に連絡し、謝罪している。

(Security NEXT - 2011/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
ファンクラブ会員宛のメールで誤送信 - 宇都宮ブレックス
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市