Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Skype」ユーザー狙う「PayPal」偽装したフィッシング攻撃に注意

フィッシング対策協議会は、「PayPal」を装ったフィッシング攻撃を確認したとして、注意を呼びかけている。

フィッシングメールは「Invoice - Pending Authorization」や「Invoice - Your Payment Is Pending」などの件名で送信されており、「PayPal」アカウントによる「Skype」への支払いを知らせる内容を装っており、支払いのキャンセルや払い戻しなどを理由にフィッシングサイトへ誘導する。

メールの本文は英語だが、URLの誘導先となっているサイトは日本語化されており、メールアドレスやパスワードを詐取されるおそれがある。

同協議会では、フィッシングメールのURLを誤ってクリックしたり、サイト上で個人情報を入力しないよう、インターネット利用者へ注意を促している。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も