Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さくらインターネットにDoS攻撃、一部サーバが輻輳状態に - 現在は回復

さくらインターネットが、8月17日から18日にかけて外部から複数回にわたるDoS攻撃を受けていたことがわかった。一部サーバで障害が発生したが、現在は回復している。

同社によれば、8月17日16時半から15分にわたり外部からの不正な通信が発生。また翌18日にも外部からDoS攻撃があり12時45分から約18分間わたり一部サーバで輻輳状態となった。

さらに同日20時15分にもDoS攻撃を受け、50分間にわたり正常に通信できなくなる障害に陥ったという。いずれの障害も、すでに解消している。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
さくらの一部サーバにDoS攻撃 - 2時間半にわたり接続障害
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
【特別企画】要警戒の「ランサムDDoS」、名和氏の生々しい解説資料が公開中
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ウェブサイトの安全運用、必要な「点検」やその「頻度」は?