Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さくらインターネットにDoS攻撃、一部サーバが輻輳状態に - 現在は回復

さくらインターネットが、8月17日から18日にかけて外部から複数回にわたるDoS攻撃を受けていたことがわかった。一部サーバで障害が発生したが、現在は回復している。

同社によれば、8月17日16時半から15分にわたり外部からの不正な通信が発生。また翌18日にも外部からDoS攻撃があり12時45分から約18分間わたり一部サーバで輻輳状態となった。

さらに同日20時15分にもDoS攻撃を受け、50分間にわたり正常に通信できなくなる障害に陥ったという。いずれの障害も、すでに解消している。

(Security NEXT - 2010/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
「Spring Data Commons」に深刻な脆弱性 - REST処理などでコード実行のおそれ
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布