Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

雇用促進住宅の家賃領収書が所在不明に

総合ビルメンテナンス業を展開するアネシスは、雇用・能力開発機構から管理を受託している雇用促進住宅の入居者14人の個人情報含む領収書を紛失したと発表した。

紛失したのは、雇用促進住宅の家賃領収書1冊で、入居者14人の氏名、住宅名、部屋番号、領収金額などが記載されていた。6月28日、同社の管理人が巡回に向かう際、管理人事務所の出入り口に置き忘れ、そのまま行方がわからなくなったという。

周辺の捜索や警察への届出を行ったが見つからず、7月28日になって雇用・能力開発機構に報告した。今回の紛失を受け、対象となる入居者への説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大