Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を解消した「QuickTime 7.6.7」を公開 - 脆弱性は「Windows」のみ影響

米Appleは、Windows版の「QuickTime」に含まれる脆弱性を解消したアップデート「同7.6.7」を公開した。

今回のアップデートは同ソフトのエラーログ機能に存在するスタックバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2010-1799」を解消したもの。細工された動画ファイルを閲覧するなど、脆弱性が悪用された場合、アプリケーションがクラッシュし、コードが実行されるおそれがある。

また同社によれば、同プログラムは「Windows 7」を含む「同XP SP2」以降の「Windows」を対象としたもので、Mac OS Xでは影響を受けないと同社では説明している。

(Security NEXT - 2010/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「macOS Mojave 10.14.1」やセキュリティアップデートがリリース - 「Safari 12.0.1」も
Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正