Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政グループで約11万6700件の個人情報が所在不明に

郵便局やゆうちょ銀行、かんぽ生命保険など日本郵政グループにおいて、約11万6700件の顧客情報を紛失していることが、同グループの自主調査で判明した。発生店舗は、郵便局や直営店など105カ所にのぼっている。

同グループにおいて複数の紛失事故が発生したことを受け、郵便局や直営店など約2万5000カ所における書類の保管状況を調べたところ、帳票やATMジャーナル、公金関連書類などの紛失が105カ所で判明したもの。

郵便局においてゆうちょ銀行関係の顧客情報約5万8100件や、かんぽ生命関係の顧客情報約5万8300件が所在不明となっており、ゆうちょ銀行直営店においても約300件の顧客情報を紛失していた。

これら顧客情報には氏名や住所、電話番号のほか、口座情報、貸付金なども含む取引金額、保険の支払いに関する情報、印影などが記載されている。

グループ各社は、不要書類などと一緒に誤廃棄したと結論付けており、紛失した情報をもととした紹介や要求は確認されていないという。また店舗への指導などルールの徹底により再発の防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2010/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京