Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BINDに「RRSIGレコード」の処理に不具合 - DoS攻撃を受ける可能性

日本レジストリサービスは、「BIND 9.7.1」「同9.7.1-P1」に脆弱性が含まれており、DNSSEC運用時にDoS攻撃を受ける可能性があるとして注意を呼びかけている。

DNSSECにおいて署名情報を格納する「RRSIGレコード」の処理に不具合が見つかったもの。対象バージョンのnamedをキャッシュDNSサーバとして動作させ、トラストアンカーを設定してDNSSECによる名前検証機能を有効にした場合、実装上の不具合によりRRSIGレコードの検索要求が無限ループする結果、権威DNSサーバに対するDoS攻撃が成立するという。

「同9.7.1-P2」へアップデートすることで脆弱性を解消することが可能で、ルートゾーンのトラストアンカーを設定する前にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ