Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル共有サイトのマルウェア汚染が目立つ - BitDefenderレポート

BitDefenderは、1月のインターネット脅威について取りまとめ、発表した。ファイル共有ソフトで広がる「Trojan.Clicker.CM」が目立っている。

同社の調査によれば、ランキング1位は全体の8.3%を占めた「Trojan.Clicker.CM」だった。ユーザーのブラウザ内にオンラインゲームの広告を表示したり、コンピュータ上にアダルト画像などのコンテンツを表示する。海賊版コンテンツが流通するファイル共有サイトで多く検出されているという。

2位にランクインしたのは、リムーバブルメディア経由で感染を広げる「Trojan.AutorunInf.Gen」。3位の「Win32.Worm.Downadup.Gen」はWindowsの脆弱性を悪用し、ローカルネットワーク内で感染を広げるが、リムーバブルメディア経由で拡散するものもあらたな感染被害をもたらしている。

また、Windowsアップデートやセキュリティベンダーのサイトへのアクセスを制限する亜種のほか、偽ウイルス対策ソフトをインストールさせる新種も見つかっており、今後も警戒を要するという。4位の「Exploit.PDF-JS.Gen」は不正なPDFファイルで、Adobe Readerの脆弱性を利用して悪意あるコードを実行する。

5位の「Trojan.Wimad.Gen.1」は、動画を再生するためのコーデックを装ったもので、実行すると不正サイトに接続してマルウェアをダウンロードする。ファイル共有サイトで多く検出され、人気のあるコンテンツが掲載されると特に活発化するという。

同社がまとめた1月のE-Threats ランキングは以下の通り。

1位:Trojan.Clicker.CM     
2位:Trojan.AutorunINF.Gen   
3位:Win32.Worm.Downadup.Gen  
4位:Exploit.PDF-JS.Gen   
5位:Trojan.Wimad.Gen.1 
6位:Win32.Sality.OG 
7位:Trojan.Autorun.AET
8位:Worm.Autorun.VHG 
9位:Trojan.Script.254568  
10位:Trojan.JS.QAF

(Security NEXT - 2010/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース