Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童扶養手当受給者の個人情報含む内部文書が所在不明 - 群馬県

群馬県は、児童扶養手当受給資格者106人の個人情報含む内部文書が、庁舎内で所在不明になっていることを明らかにした。誤って廃棄した可能性が高いとしている。

所在がわからなくなっているのは、届出書類の提出状況を市町村に照会するために職員が作成した書類。児童扶養手当受給資格者および特別児童扶養手当受給資格者計106人分の氏名、住所、自宅および勤務先の電話番号、生年月日などが記載されていた。

2009年12月16日に書類の紛失が判明し、周辺を捜索したが見つからなかった。同月17日から18日にかけて不要書類の廃棄作業を行っていることから、その際誤って処分した可能性が高いとしている。同県では、関係者および関連する市町村に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle