Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ「InterScan Messaging Security Suite」にBINDの脆弱性

トレンドマイクロは、同社製品「InterScan Messaging Security Suite」が、BINDの脆弱性が影響を受けるとして修正プログラムを公開した。

BINDの脆弱性は2009年7月に公表されており、外部より細工が施されたダイナミックアップデートパケットを受信した場合にサービス拒否が発生する可能性がある。すでに攻撃コードも公開されている。

影響を受けるのは、「InterScan Messaging Security Suite 7.1」のLinux版と「同7.0」のWindows版、Linux版、Solaris版。同社では16日よりアップデートの提供を開始している。

また、BIND 9.6以降はWindows 2000をサポートしていないため、同社ではBINDモジュールを更新したリパック版を用意している。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2009/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供