Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」にバックドアが設置されるおそれ - NTTデータ・セキュリティが検証

オープンソースの人気CMSソフト「WordPress」に、任意のファイルがアップデートされる脆弱性が見つかった問題で、NTTデータ・セキュリティが検証レポートを公開した。

同ソフトに含まれるファイルのアップロードを行う「file.php」に脆弱性が含まれていたもので、影響を受けるのは、「同2.8.5」以下のバージョン。「同2.8.6」以降へアップロードすることで問題を回避できる。

本来、利用者に対して実行ファイルのアップロードを制限しているが、脆弱性により実行ファイルが管理者の意図に反してアップロードされる可能性があるという。

アップロードが行われた場合、ウェブサービスの実行権限でコマンドを実行することが可能となり、悪意あるユーザーにバックドアなどを設置されるおそれがある。ウェブサービスの実行権限によってはシステム全体が乗っ取られる可能性があり、同社では注意喚起を行っている。

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデート - 脆弱性21件を修正
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み