Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、企業向けテンプレートを追加したDLP製品の最新版を発売 - Winny対策機能も

トレンドマイクロは、情報漏洩対策(DLP)ソリューションの最新版「Trend Micro LeakProof 5.0」を7月24日より発売する。

同製品は、機密データの特徴を記録したフィンガープリントを作成するサーバと、外部へ持ち出そうとするデータとサーバから配信されたフィンガープリントを比較し、一致する場合に流出を阻止するクライアントPC向けソフトウェアで構成されている情報漏洩対策ソリューション。

最新版では、日本語の名字やメールアドレス、電話番号、クレジットカード情報のほか、プログラミング言語など企業向けのテンプレートを用意。利用者がカスタマイズすることも可能。

また書き込みを許可するUSBメモリを設定できる「USBホワイトリスト」機能のほか、ファイル共有ソフト「Winny」経由の漏洩対策機能やクリップボードの無効化、ネットワークプリンタにおける印刷の防止といった機能を追加。Active Directoryをサポートしている。

アプライアンスサーバには、ハードウェアの「LP-100A」とVMware上で動作する「Virtual Appliance版サーバ」を用意。100クライアント導入時の価格は、それぞれ128万1000円、75万6000円。

(Security NEXT - 2009/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
富士通、暗号化ソフトを機能強化 - 登録外アプリからのアクセスを制限
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
日立ソ、不審アプリに復号化させない「秘文」最新版
機密情報の漏洩対策をまとめたハンドブック - 経産省
施錠可能で利用状況が一目瞭然のUSBメモリ管理ボックス