Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約24万件の契約情報を保存したパソコンを引っ越しで紛失 - ソニー生命

ソニー生命保険は、24万3742件の契約情報を保存していたパソコンを紛失したと発表した。

所在不明となっているパソコンには、2008年3月から2009年2月までの1年間にコンビニ払いや振り込みなど、口座振替以外で保険料等を支払った契約者情報14万151人分が含まれており、契約件数としては証券番号ベースで24万3742件の情報が含まれる。

同社によれば、問題のパソコンには、暗号化やパスワードの設定、ICカードによる認証などセキュリティ対策を実施していたという。また含まれている情報は、証券番号、生年月日、契約日のみで、これら情報では個人を特定できないと同社では説明している。

同社では、4月3日から翌4日にかけて本社のフロア移転に伴う引越しを行っており、その際に紛失したものと見られ、4月7日になって紛失に気が付いたという。4月9日に警察へ被害を届けているが、不正使用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2009/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

手術患者の個人情報含むUSBメモリ紛失 - 北九州市の病院
売場移動に伴う引っ越しで顧客情報1606件を紛失 - ハウスオブローゼ
派遣社員が顧客情報を持ち出して屋外に一時放置 - NTT東
引っ越しを担当するマンションの入居リストを誤ファックス - 松本引越センター
可燃ゴミから個人情報が見つかる - 埼玉県草加市