Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新入社員狙うサイバー攻撃に注意 - 「新生活応援」騙るスパムも

G DATA Softwareは、新入社員を狙う攻撃が発生しやすい時期を迎えたとして注意喚起を行い、セキュリティ対策を呼びかけている。

ドイツなど海外では1年中採用が行われているが、日本国内では4月1日に入社式が集中する傾向があるため、同社では、クリスマスやバレンタインデーといったイベントと同様に、サイバー攻撃の対象となるおそれがあると指摘している。

こうした攻撃増加の予兆について、同社では2年ほど前から把握しており、すでに今年も3月31日に新入社員を狙ったと見られるスパムメールを確認している。問題のメールは「新生活応援キャンペーン実施中!」といった件名で送りつけられていた。

同社では、新生活を送る社会人に対して7種類のセキュリティ対策を推奨。また宴会や花見でパソコンを持ち歩く際など、ノートパソコンの置き忘れや盗難などについても注意を呼びかけた。

同社が挙げている7種類の「新生活のためのPCセキュリティ対策」は以下のとおり。

・データのバックアップおよび重要データの暗号化
・パソコンのウイルススキャン
・USBメモリや外付けHDDに対するスキャン
・WPAによる無線LANの暗号化
・メールの添付ファイルやリンクへの注意
・ネット通販、オンラインバンキングの詐欺サイトに注意
・ファイアウォールやHTTPスキャンが利用可能なセキュリティソフトの利用

(Security NEXT - 2009/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート