Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新入社員狙うサイバー攻撃に注意 - 「新生活応援」騙るスパムも

G DATA Softwareは、新入社員を狙う攻撃が発生しやすい時期を迎えたとして注意喚起を行い、セキュリティ対策を呼びかけている。

ドイツなど海外では1年中採用が行われているが、日本国内では4月1日に入社式が集中する傾向があるため、同社では、クリスマスやバレンタインデーといったイベントと同様に、サイバー攻撃の対象となるおそれがあると指摘している。

こうした攻撃増加の予兆について、同社では2年ほど前から把握しており、すでに今年も3月31日に新入社員を狙ったと見られるスパムメールを確認している。問題のメールは「新生活応援キャンペーン実施中!」といった件名で送りつけられていた。

同社では、新生活を送る社会人に対して7種類のセキュリティ対策を推奨。また宴会や花見でパソコンを持ち歩く際など、ノートパソコンの置き忘れや盗難などについても注意を呼びかけた。

同社が挙げている7種類の「新生活のためのPCセキュリティ対策」は以下のとおり。

・データのバックアップおよび重要データの暗号化
・パソコンのウイルススキャン
・USBメモリや外付けHDDに対するスキャン
・WPAによる無線LANの暗号化
・メールの添付ファイルやリンクへの注意
・ネット通販、オンラインバンキングの詐欺サイトに注意
・ファイアウォールやHTTPスキャンが利用可能なセキュリティソフトの利用

(Security NEXT - 2009/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供