Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドキュメントファイルへのアクセスを妨害するマルウェアを複数確認 - Dr.Web

ネットフォレストは、2008年12月にDr.WEBが検知したウイルスやスパムの傾向をまとめ、公表した。

同レポートによれば、12月にあらたにウイルスデータベースに登録されたマルウェアは1万7312件。メールを利用してマルウェアを拡散させる手口の増加がみられ、時期的な影響からグリーティングカードを装ったものが多かったという。

12月下旬に発生したクリスマスカードを装ったメールでは、本文にアクセスすると「Spambot.4202」や「Trojan.Spambot.4204」など、マルウェアがダウンロードされる悪意あるサイトのURLが記載されていた。

また同社は、コンピュータ内のドキュメントファイルへのアクセスを妨害するマルウェアが複数確認している。なかでも、ファイルやフォルダの名称を変更してアクセスできなくする「Trojan.Locker.8」や、ドキュメントファイルを勝手に暗号化する「Trojan.Encoder.33」などが目立った。復元費用を請求されるケースもあるとして、同社では注意を呼びかけている。

同社がメールサーバやユーザーPC上で検出したウイルスのランキングは以下のとおり。

メールサーバウイルス

1位:Win32.HLLM.Beagle
2位:Trojan.DownLoad.9125
3位:Trojan.Starter.883
4位:Win32.Virut
5位:Win32.HLLM.MyDoom.based
6位:Trojan.MulDrop.16727
7位:Win32.HLLM.Alaxala
8位:Trojan.MulDrop.13408
9位:Joke.Xmas
10位:Trojan.MulDrop.18280

ユーザーPC上の検出ウイルス

1位:Win32.HLLM.Generic.440
2位:Win32.HLLW.Gavir.ini
3位:Trojan.Starter.516
4位:Win32.HLLM.Brontok.15
5位:Win32.HLLM.Lovgate.2
6位:Win32.Alman
7位:Trojan.Starter.881
8位:Win32.Virut.5
9位:Trojan.Starter.870
10位:Win32.Sector.16

(Security NEXT - 2009/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強