Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Winny」上の圧縮ファイル、2割がマルウェア - アイコン偽装は9割

ファイル共有ソフト「Winny」に流通するファイルの5%がマルウェアであることが、日立インシデントレスポンスチームの調査によりわかった。

同社が2008年1月から2月にかけて調査を実施し、結果を取りまとめたもので、クローリング調査は2回実施し、約2万2000ファイルを分析したもの。調査結果によれば、「Winny」上のファイルのうち、20件に1件がマルウェアだった。

さらに「zip」「lzh」「rar」など圧縮ファイルに限定すると、約20%がマルウェアだったという。こうしたマルウェアの約9割がはアイコンが偽装されており、7割が暴露ウイルスなどとも呼ばれる「Antinny」やその亜種が占めた。

(Security NEXT - 2008/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
ファイル共有ソフト、いまだに15万人が利用
著作権侵害事件、上半期の摘発は14件 - ACCS
ファイル共有ソフトのユーザー減少傾向続く - 「Winny」は約1万台強に
「Winny」などのファイル共有ソフト、今なお20万人が利用か - ネットエージェント調査
ACCSが2012年下半期の活動状況を報告 - 組織不正コピーの情報提供62件
ファイル共有ソフトのノード数が大幅減 - 改正著作権法の影響か
2012年のウイルス届出件数、14%減 - IPAまとめ
ウイルス対策ソフト導入は9割、一方セキュリティパッチ適用は4割
ACCS、摘発に協力した1年間の著作権侵害事件は83件 - 半数は「Share」関連