Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、企業向け「ウイルスバスター」の修正パッチを公開

トレンドマイクロは、企業向けに提供している「ウイルスバスター」の修正パッチを公開した。

「ウイルスバスターコーポレートエディション」「ウイルスバスタービジネスセキュリティ」など、ビジネスユーザー向け製品に含まれる「cgiRecvFile.exe」にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかったもの。脆弱性への攻撃が成功した場合、サーバ上で任意のプログラムが実行される可能性がある。

影響を受けるのは、「ウイルスバスターコーポレートエディション8.0 SP1」「同7.3」「同」や「ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 3.6」「同3.5」「同3.0」「Trend Micro Client/Server Security 2.0」。

同社では、脆弱性を解消するプログラムを10月1日より提供が開始しており、7日までに順次公開する予定。パッチは各製品ページからダウンロードすることができる。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明