Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタでカラー文字や絵柄が現れるセキュリティラベルを開発 - 凸版

凸版印刷は、カラー潜像を実現したセキュリティラベル「パステリック」を開発した。2009年1月に実用化を目指している。

同製品は、銀色の無地ラベルに専用フィルタを重ねることで文字や絵柄が現れるセキュリティラベル。従来表現が難しかったカラー表現を実現しており、さらに重ねる向きや見る角度によっても色が変化する特徴があることから、偽造が難しいという。

同社では利用用途として、輸出品の純正品表示用などセキュリティ分野などを想定しており、特殊インキやほかのセキュリティ技術などと組み合わせ、複数の偽造防止対策を講じることも可能。10月より試験的運用を開始し、2009年1月よりセキュリティ市場を対象に量産開始をする計画。

セキュリティラベル「パステリック」

(Security NEXT - 2008/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラベリングで管理者の負担軽減を実現した「秘文」の新ソリューション
日本IBM、アクセス制御機能を強化したDB管理ソフト最新版を発表
ヒサゴ、廃棄時に記載内容を分断できる宛名ラベル
NRIセキュアと京セラミタ、機密度でファイルの印刷を制御するソリューション
NRIセキュア、サーバ不要のファイル管理製品「SecureCube/Labeling Standard」を発売
AD連携やPDF対応などファイル管理ソリューションを機能強化 - NRIセキュア
セキュリティに配慮した教員用統合ソフトの最新版を発売 - ジャストシステム
ラベルを利用するデータ管理ソフトがDLP製品などと連携 - NRIセキュア
重要ファイルのラベル付けや台帳作成が行える無償ソフト - NRIセキュア
日本語対応を強化したメールセキュリティソリューション「Proofpoint 5.5」