Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地図サイトに登録した顧客情報が流出 - NTT西委託先

NTT西日本の顧客情報が、地図検索サイトを通じてインターネット上へ流出したことがわかった。

NTT西日本沖縄支店が業務を委託する大生通信の協力会社において、那覇市内の顧客情報63件がインターネット上へ流出したもの。氏名や住所のほか、一部では電話番号や工事日など個人情報が含まれる。

パソコン設定業務に関連する顧客情報を地図検索情報に登録していたが、誤って外部へ公開したという。流出した個人情報の不正利用は確認されておらず、NTT西日本では関連する顧客を直接訪問し、謝罪している。

(Security NEXT - 2008/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
約27億レコードのアカウントデータ群、2000万件超が国内からか - 新規データも多数内包
社外協力者の個人情報が流出した可能性、関連情報がネット上に - ユニクロ
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県