Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類誤封入で研修会に不参加だった事業者情報30件が流出 - 静岡市

静岡市は、工事事業者に文書を送付する際、宛先が異なる封筒へ書類を封入するミスが発生し、事業者情報30件が流出したと発表した。

5月に実施した研修会へ不参加だった事業者へ欠席した理由について報告を求める書類を6月9日に送付した際、中身と宛先が異なる業者に送付し、不参加となった事業者名が流出したもの。発送した45社のうち30件が流出したという。

同市では、発送した事業者へ連絡を取り謝罪。未開封の書類については回収し、すでに開封済みで内容が異なる場合は破棄するよう依頼した。

(Security NEXT - 2008/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市