Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェーンメール「神の手雲」が流通 - G DATA Softwareが注意呼びかけ

G DATA Softwareは、「神の手雲」などと一部で呼ばれているチェーンメールについて注意を呼びかけている

問題のチェーンメールは、空にふたつの手の形をした雲が写っている画像が添付されたメールで、7人へ転送すると幸せになるといったメッセージが記載されているという。出所など詳細は不明だが、4、5年以上前に海外で作成された合成写真と見られている。

同社によれば、画像を閲覧すること自体による問題はないが、こうしたチェーンメールが流通する背景に、悪質な広告を掲載したブログなどアクセスさせる「自作自演」の可能性を指摘。広告経由でフィッシング詐欺サイトやスパイウェアが感染するサイトへ誘導させられるおそれがある。同社では、チェーンメールを受信しても、転送しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生