Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェーンメール「神の手雲」が流通 - G DATA Softwareが注意呼びかけ

G DATA Softwareは、「神の手雲」などと一部で呼ばれているチェーンメールについて注意を呼びかけている

問題のチェーンメールは、空にふたつの手の形をした雲が写っている画像が添付されたメールで、7人へ転送すると幸せになるといったメッセージが記載されているという。出所など詳細は不明だが、4、5年以上前に海外で作成された合成写真と見られている。

同社によれば、画像を閲覧すること自体による問題はないが、こうしたチェーンメールが流通する背景に、悪質な広告を掲載したブログなどアクセスさせる「自作自演」の可能性を指摘。広告経由でフィッシング詐欺サイトやスパイウェアが感染するサイトへ誘導させられるおそれがある。同社では、チェーンメールを受信しても、転送しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
アドビ装い「支払い確認できない」とだますメールに注意