Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政情報がWinny経由でネット流出の可能性 - さいたま市

さいたま市北消防署の行政情報が、ファイル共有ソフト「Winny」を通じて外部へ流出した可能性があることがわかった。

3月2日に同消防署に対し、インターネット上への漏洩を指摘する匿名のファックスが送付されたもので、同市が調査を行ったところ、職員が仕事のためにデータをUSBメモリで自宅へ持ち帰り、私用パソコンで利用していたことが判明。インストールされていた「Winny」を通じて外部に流出した可能性があることがわかったという。

流出した可能性があるのは、質問調書や署内共通ファイル一覧、業務予定表といった行政文書で、質問調書には、氏名や住所、電話番号、年齢、職業といった個人情報2件が含まれていた。同市では、関係者に対して事情を説明し、事故について調査を進めている。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測
ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市