Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

e-とぴあ・かがわ、館内のPCが約2カ月間ウイルスに感染 - 個人情報流出の可能性も

香川県のPFI事業としてかがわ県民情報サービスが運営している情報通信交流館「e-とぴあ・かがわ」において、館内のパソコン1台が約2カ月間にわたり、ウイルスに感染していたことがわかった。IDやパスワードなど個人情報が流出した可能性もあるという。

ウイルスに感染していたのは、同施設の談話室に設置されていたパソコン1台で、来館者が自由に利用できるもの。2007年12月12日から2008年2月13日の約2カ月間、トロイの木馬に感染していた。

同社によれば、2月15日時点で被害報告はないが、同ウイルスは、オンラインゲームやオンラインショップのユーザーID、パスワード、キー入力情報、スクリーンショットなどを盗むことから、利用者の情報が流出した可能性があるという。

感染していた期間中に問題のパソコンでオンラインゲームやオンラインショッピングを利用したり、外部記憶媒体などを接続した場合、被害に遭う可能性もあるため、心当たりのある利用者に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町